夏休みに勉強する|受験を成功させる秘訣や志望動機の書き方に力をいれよう|受験.com

中学受験を控えたお子さんの夏休みの過ごし方

夏休みに勉強する

生徒

夏休みの受験勉強

夏休みに入ると、中学受験を控えたお子さんたちは、塾での夏期講習に追われるようになるかと思います。毎日塾に通っているからといって、親は油断してはいけません。勉強を全て塾に任せるのではなく、きちんと家でも確認を行いましょう。

子供の勉強に付き合ってみる

夏期講習でたくさん勉強をしてもらいたいと思う親も多いと思いますが、できれば自宅でもお子さんの勉強に付き合ってあげれるよう時間を作ってみてはいかがでしょうか。そうすることで中学受験の大変さを実感することができ、お子さんの学習状況を把握できたり、コミュニケーションをとることもできます。

弱点を知る

勉強で大切なのは、自分の弱点を克服することです。過去に受けたテストを見直し、理解している部分と理解していない部分を知り、自分の弱点を見極めてから、そこを重点的に勉強することが大切です。

過去問をみる

勉強の実力がついてきたら、過去問にも挑戦していきましょう。志望校よりも少し偏差値の低い学校の過去問から始め、徐々にレベルを上げていくとよいでしょう。過去問を解く際は、受験と同じように時間をはかります。そして、自分で採点し、得意なところや苦手なところを見つけたり、本番はどのようにテストを進めるか考えていくようにすると良いでしょう。

広告募集中